巻物

インフルエンザの症状と回復した体験談

人体のミステリー

インフルエンザに生まれて初めてなったのですが、どのような症状でどのように回復したのかの体験談です。

ホーム

インフルエンザに初めてなった

私は、インフルエンザに40歳にして初めてなりました。

その時の、感想なのですが、吐き気がして節々の関節が痛くなるのですが、風邪とはどこか異質なものを感じたんです。症状が出る翌日までは福岡まで出張に行っていました。出張中に症状が出なくてよかったなと今では本気で思っています。

最初のうちは少し吐き気がするとか、寒気がするとか大したことがなくて、風邪だと思ってさっさと市販の薬を飲んで治してしまおうと思ったわけです。しかし、それが全然治らない逆にどんどん苦しくなったわけです。翌日に目が覚めた時はさらに苦しくなり布団から起き上がるのも辛いわけです。

しかし、家に病院まで送ってくれる人はいませんし、田舎に住んでいるため仕方がないので自分で我慢をして車を運転し病院に行ってきました。行った病院は風邪などを引いた時にいつも行く病院です。

病院で診察を受ける

病院で診察を受けたわけですが、その時はインフルエンザや風邪が猛威を振るっていたためか40分待ちと言う状態でした。

そこで、病院の看護師さんに吐き気がする、寒気がする、節々が痛い、頭痛もするなどの症状を全て言い体温を測ると38、3度でした。看護師さんから「インフルエンザの検査をするのか?」と聞かれて迷わず「はい」と答えてインフルエンザの検査をしてもらう事にしたんです。

初めてのインフルエンザの検査だったのですが、ちょっとした極細棒?みたいなものを鼻に突っ込んで、すぐにくしゃみが出てしまい、看護師さんからは「これはインフルエンザだね」と検査が終わらないうちに言われてしまったのが印象的でした。

その数分後に検査結果が出ると本当のインフルエンザだと確認が出来たのです。すると、待合室から、ベッド室に誘導されて、「注射」か「点滴」のどちらかを選ぶように言われました。注射だと即効性はあるけど、早く治るのは点滴だとの事。

そこで、迷わず点滴を選択しました。15分くらいで点滴が終了になりその後、医師の診断があり、そして薬を貰って帰りました。ちなみに、点滴をしたのでインフルエンザ対策の薬は出ませんでした。

しかし、熱止めの薬や咳止めの薬などは貰う事が出来ました。ちなみに、病名と薬と点滴を打ってもらったおかげで気分的には凄く楽になりましたが、まだまだ症状は緩和されずに1秒でも早く家に帰って寝たい状態でした。

しかし、現実はそうは行かずに車の運転をしたり自分のご飯を買ったりしなければ行けない状態でした。そして、食事を買って無事に家に帰ったのですが、少し食事をしてもらった薬をすぐに飲み、そして寝ました。

寝ていても寒気が凄い

寝ていても寒気が凄くて天敵から12時間が過ぎても苦しい状態は続きます。12時間くらいが経過したあたりから、少しよくなったように感じました。

幸い、家に姉が来てくれて晩御飯などを作ってくれたりしたので、かなり助かりました。やっぱり、こういう時に兄弟がいると言うのは良いなと思った次第です。

インフルエンザの方ですが、体に変化が起きたのは寝ていて天敵から16時間が経過したあたりからです。ちなみに、これまでは布団に入っていても全然眠ることが出来ないんです。

寒気から体が熱くなる

途中からさらに厚着をしたのですが、劇的にインフルエンザの症状が変化したのは16時間が経過したあたりからです。

今までは、寒気ばかりしていたのですが、その頃から体が熱を帯びるようになってきました。夜中の3時とかそういう時間にも関わらずやけに体が熱くなるのです。

しかし、熱くて苦しいと言うよりは、感じ的には「この熱がインフルエンザを撃退してくれる」そういう感じの熱さでした。ちなみに、この時に、ちょっと布団から外に出たんです。

室内気温がわずか6度で普通に考えれば「寒い」と感じるはずなのですが、全然寒くならないのです。それどころか体はぽかぽかしています。運動した後は体が熱くなりますが、似たような効果が出ていたと言う事なのでしょうか?その後、また、布団に戻ったのですが、この時は何故か短時間ではありますが、睡眠が取れました。ふと目が覚めると大量に汗を掻いていました。

しかし、一番、驚いたのはそれにより体がかなり楽になっていたと言う事です。発熱の後の大量の発汗により体はかなり軽くなりました。これが点滴の効果だったようです。人によって効き目が早い遅いはあるかと思いますが、インフルエンザの点滴は24時間くらいは効果が出るのに必要だと思った方がよいでしょう。

その後は、普通にご飯を食べたりすることが出来るようになりました。完治するには、まだまだ時間が掛かるかと思いますが、忘れないうちに書いておきたいと思いました。ちなみに、この記事を書いたのは点滴を打ってから2日後ですね。体はかなり軽いですし、後は無茶をしないように休みたいと思います。

ちなみに、私は自営業なので休みは簡単に取れましたが、サラリーマンなどの場合であっても法律の力で強制的に休めるようになるようです。会社としてもインフルエンザの人が会社に来られても困る事でしょう。

しかし、こういう時にブラック企業とかだと代わりに仕事をしてくれる人もいませんし、上司からは「お前の体調管理が問題だ!」とか言われたりするんだろなと思います。

健康第一という言葉があるようにインフルエンザになったら容赦なく会社なり学校なりを休むようにしましょう。

手裏剣


Copyright (C) 2017 人体のミステリー All Rights Reserved.
巻物の端