巻物

健康診断とがん検診について

人体のミステリー

健康診断やがん検診などについて知っている事を書いてみました。

ホーム

健康診断とは

健康診断は見た目には健康に見える人が現状の健康状態や気付かないでいる疾病などを早期発見するために行う診察や診断のことを指します。



健康診断には学校や職場、地方自治体などで行われる義務付けられている健康診断と、任意で行われる健康診断とがあります。

健診5項目というものがガイドラインとして発表されています。それによると喫煙の有無の確認をするための問診、身長と体重、脂質異常症がないかどうかの検査のための血中脂質の検査、高血圧症の発見のための血圧の検査、糖尿病発見のための空腹時血糖、グリコヘモグロビンHbA1cの検査が5項目として挙げられています。



なお、一般健康診断の11項目は以下のようになります。既往歴、業務歴の調査、自覚症状および他覚症状の有無の検査、身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査、胸部エックス線検査および喀痰検査、血圧の測定、貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、尿検査、心電図検査。雇用主は1年に1回以上の健康診断を、特定の業種の人に関しては半年に1回以上の健康診断を行うことを義務付けられています。

体が怠いのに健康診断で異常が出ない理由は?

健康診断は様々な検査を行うことになるのですが、検査の中でもメインと言われるものは血液検査だと言えるでしょう。



血液検査である程度のことを調べることが出来るからです。ただ、それでも万全とは言えません。健康診断の血液検査は限られた要素しか見ていないのです。全ての異常を発見できるような検査をしているわけではないのです。よく健康診断では何も異常がなかったのに後日、何らかの病気を発症したというようなこともあります。



これも健康診断だけでは検査できなかった項目に異常があったのかもしれないのです。体が怠いのに健康診断では異常が発見されないというような話を耳にすることもあります。それはいったい何故なのでしょうか。



これも健康診断ではわからない病の可能性があるという事になるのです。たとえば、うつ病かもしれません。



もしかしたら甲状腺に何らかの疾患があるのかもしれません。これらは一般的な健康診断では発見することが難しいと言われています。体が怠くて普通ではないと思うのであれば正式に医者にかかってみてもらいましょう。健康診断にはない検査で実態がわかることもあるのです。

自営業の健康診断の費用はどうなっているのか?

サラリーマンなどとして雇用されている人は雇用主が健康診断を行う義務があります。そのため、健康診断は年に1回、雇用主が行ってくれます。費用的にも基本的には不要となるはずです。ところが自営業者は少し話が変わってきます。基本的に任意で健康診断を受けることになります。



つまり、自分の意志で健康診断を受けることとなるのです。自営業者が健康診断を受けようと思うのであればまずは自分が住んでいる地方自治体に連絡をしてみましょう。自治体によっては補助をしてくれる場合が多く、無料もしくは一部の負担のみで健康診断を受けることが出来ることになっています。



ただし、当然ですが国民健康保険にきっちりと加入していることが大前提となります。健康保険を適用しないで健康診断を受けることも可能です。一般の病院へ行ってお願いすれば大概は実現可能です。ただし、保険適用外となりますので実費となり1万円や2万円程度費用が掛かると思っておいたほうが良いでしょう。なお、地方自治体によってはがん検診も無料で行っている場合もあります。

いずれにしても自営業者は地方自治体に一度確認をしてみましょう。

がん検診は受けた方がいいのか?

がんは怖い病気です。日本人の2に人1人はがんになると言われています。そして3人に1人はがんで命を落とすことも知られています。それほどにがんは日本人にとって身近な病気という事になるのです。がんも早期発見なら助かる確率はかなり上がると言われています。



ですから、がん検診は受けないよりも受けたほうが良いとも言えるでしょう。特にタバコを吸う人や飲酒を行う人、偏食がある人、健康診断で何らかの形で数値が異常な数値が出る人などは受けてみると良いのではないでしょうか。ただ、がん検診を受けたからすべてが安心だという考え方は間違っていると言っても良いでしょう。



がん検診でがん自体が全て見つかるとは限りませんし、がん検診が終わった後にがんが発生するということも考えられるのです。そう考えるとがんになるかどうかは運次第という部分が大きいとも言えます。



がん検診をしたおかげでがんが発見できる人もいれば、がん検診をしてもがんが発見できずに羅漢してしまう人もいるのですから。ある意味では気休めだと思う程度に受けると考えていたほうが良いかもしれません。

手裏剣


Copyright (C) 2017 人体のミステリー All Rights Reserved.
巻物の端